女性の健康管理|心から安息できる環境|出産は対応の良い病院に頼もう

心から安息できる環境|出産は対応の良い病院に頼もう

医者

女性の健康管理

看護師

自己診断は禁物

婦人科を受診するときに恥ずかしさやためらいを持つ人は、大阪でも多く医師にかかりたくないために、どうしても自己診断をしがちになってきます。生理の出血が異常に多い、生理が遅れている、おなかが痛い、太ってきて便秘気味などこのような症状があるときに、ストレスがあるからとか中年太りだからとか自己診断をしてしまいがちになってしまいます。おなかが出てきたのは脂肪のせいだと思っていたら、子宮や卵巣の腫瘍だったり、生理がないのはストレスのせいだと思っていたら妊娠だったり、それも子宮外妊娠だったりほおっておくと危険なケースはたくさんあります。大阪でも自己診断で放置したので取り返しがつかなくなった人もいます。女性で体の調子が思わしくないときには、婦人科を受診するようにしましょう。

かかりつけ医に

かぜをひいてしまったときに婦人科を受診しようという人は、大阪でも少なくなっています。ほとんどが内科の病院で受診しています。たとえば頭痛がするときや、吐き気があるときにこの症状を早く治してしまいために、病院で薬を処方してもらうことになります。ですがもしその時に妊娠していたらどうなるのでしょう。かぜをひいてしまって薬を飲むときであっても、常に妊娠は意識するほうが安全です。こんな時に婦人科であればこの薬ならば飲んでいいとか、この薬は危険とアドバイスをすることができます。女性の体には生理という男性にはないリズムがあります。閉経後もホルモンの低下により体の状態が変わってきます。これらの状態の流れを続けてみてもらえる自分のかかりつけの婦人科医を持つことは、女性の日常的な健康管理に大いに役に立っています。そして大阪でも婦人科医をかかりつけ医にしている人が、多くなってきています。